« | トップページ | »

2005年5月 7日 (土)

角間温泉

先日、電話で問い合わせがありました。

「角間温泉は長野県に二ヶ所あるそうですが、吉川英治にゆかりのあるのはどちらですか?」

え、ホント?

これは知りませんでした。
慌てて地図を調べてみると、確かに二ヶ所あります。

下高井郡山ノ内町佐野と小県郡真田町長。

吉川英治にゆかりがあるのは山ノ内町の方です。

吉川英治は大正12年、関東大震災を契機に専業の作家となります。
その作家デビュー前後の時期、ここにある『越後屋』を定宿にして、しばしば執筆を行っていたのです。
当時の様子を伝える『角間温泉滞在日誌』という資料が残されています。

この越後屋は現存していて、その庭には吉川英治の文学碑もあるそうですが、実は私はまだ訪ねたことがありません。

一度行ってみなくては。

|

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104645/4005261

この記事へのトラックバック一覧です: 角間温泉:

« | トップページ | »