« コンテスト裏話 | トップページ | プロモーション »

2005年6月13日 (月)

序文

私の個人的な興味で井川定慶著『京の風土記』(昭和13年 平凡社)という本を買ってみました。

発行年でわかるように、古書店の目録に出ていたものを購入したものです。
いわゆる目録買いですね。
つまり、本の現物を見ずに購入したわけです。

古書店から送られてきた本を見ると、私が期待していたような事は書かれていませんでした。
その代わりと言ってはなんですが、この本の序文を書いているのは吉川英治でした。

もちろん、そんなことは知りませんでしたし、古書目録にも書かれていませんでしたから、これはまったくの偶然です。

吉川英治の随筆を可能な限り網羅した目録を作りたいと、以前から少しずつ調査しています。
他人の著書への序文というのも、その調査対象に含めているのですが、なかなか見つけ難いものです。

たいていは著者から序文執筆者に本が贈られるものですから、吉川英治の旧蔵書をしらみつぶしにすればいいことです。
しかし、蔵書整理の際に処分されたものもあるでしょうし、送られてこなかった場合もあるでしょう。
そういう、吉川英治の蔵書中にないものへの序文は、書物の大海に沈んでしまって、なかなか探し出せません。

それを見つけたので、なんだか海でなくした指輪が釣った魚の腹の中から出てきたような、そんな気分です。

……って、そんな大袈裟な。

|

« コンテスト裏話 | トップページ | プロモーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104645/4523742

この記事へのトラックバック一覧です: 序文:

« コンテスト裏話 | トップページ | プロモーション »