« 最終回 | トップページ | 「新・平家物語」紀行展 »

2005年8月28日 (日)

吉野公民館

「吉野公民館についての資料がそちらにないか?」という問い合わせがありました。

一瞬妙な問い合わせに聞こえるかもしれませんが、そうではありません。

吉川英治記念館のある地域は、現在は青梅市ですが、以前は吉野村という独立した村でした。
その吉野村に、昭和24年、公民館が開館しました。
東京都内でも最初期にあたる公民館でした。

吉川英治は、その設立に大きく関わっているのです。

初め、吉川英治は、日頃世話になっている村のために、子供たちのための図書館を寄贈することを考えます。
しかし、村の現状を見てみると、子供たち以上に、若者たちの集まれる場所が無い。
時は終戦直後で、復員兵などが村にも戻って来ていたけれども、よりどころとなる場所がない。
だったら、それを造ろうということで、村に働きかけて、公民館が設置されたのです。

これは、住民からの寄付によって建設されました。
金銭的にもっとも多くを負担したのは、もちろん吉川英治でした。
聞くところでは、寄付金の8割以上は吉川英治から出ていたと言います。

落成後は、吉川英治が声をかけて、徳川夢声などのタレントを呼んで、演芸会が開かれたりしました。

この公民館は、後に隣接する青梅市立第五小学校の講堂に転用され、さらにその後、老朽化のため、いつの間にか取り壊されてしまいました。
長年にわたって住民に親しまれながら、取り壊し後は何の痕跡も残されませんでしたが、近年になって、第五小学校に記念碑がつくられました。

|

« 最終回 | トップページ | 「新・平家物語」紀行展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104645/5702717

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野公民館:

« 最終回 | トップページ | 「新・平家物語」紀行展 »