« 寺を出て寺までかへる盆の月 | トップページ | 最終回 »

2005年8月26日 (金)

虫りんりんあらしの底に啼きやまず

昨日の夜半に台風11号が近くを通過しました。
幸いなことに、吉川英治記念館では特に被害はありませんでした。
木の葉や小枝が散乱して庭の掃除が大変ですが、その程度で済みました。
皆様方はいかがでしょうか。

表題の句は、もちろん吉川英治の句ですが、昨夜の様子はまさにこんな感じでした。

せっかくなので、他に台風に関係のある句がないか探してみました。

案内僧先に吹かるる野分かな
湯河原や野分の後のこぼれ萩

雨の句ならたくさんありますが、台風そのものを詠み込んだ句というのは、この2句しか見つかりませんでした。
いずれも、句の詠まれた状況は不明ですが、句に詠まれている情景は、なんとなく思い浮かびます。

それにしても、テレビの台風報道を見ていると、「案内僧」を「レポーター」に入れ替えてみたくなりますね。

|

« 寺を出て寺までかへる盆の月 | トップページ | 最終回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104645/5643673

この記事へのトラックバック一覧です: 虫りんりんあらしの底に啼きやまず:

« 寺を出て寺までかへる盆の月 | トップページ | 最終回 »