« 宿泊特別料金のご案内 | トップページ | 文学碑 »

2005年8月22日 (月)

石碑

記者の方が取材で来館されました。

「こちらに吉川英治の碑があると聞いて来たのですが」とのことでしたが、残念ながら、吉川英治記念館の敷地内には吉川英治の石碑などはありません。
しかし、せっかく取材に来られたのに、手ぶらで帰ってもらっては申し訳ありませんから、青梅市内にある別の石碑を紹介しておきました。

「万年橋の碑」です。

昭和22年5月に建てられたこの碑は、明治40年に旧青梅町と吉野村を結ぶ形で架けられた、多摩川上流域では最初の鉄製橋梁である万年橋を顕彰するために設置されたものです。

この碑は、題字が川合玉堂で、碑文は吉川英治が考え、書は尾上柴舟という、有名人三人が顔を揃えた実に豪華な碑です。

JR青梅駅前から都営バスの吉野行きに乗って5分ほど、バスが旧青梅街道から急な坂を下っていったところにあるのが、万年橋。
青梅側からその橋を渡ってすぐの右手に、この碑はあります。

もとは少し小高くなった場所に建てられていたのですが、マンションが建ったり、道路が拡幅されたりという周辺環境の変化によって、今では歩道のすぐ横、マンション下の石垣にへばり付くような格好になってしまっています。

いささか残念な現状ですが、その代わり道路からすぐに見つかりますので、吉川英治記念館においでの際には、ちょっと気にかけてみてください。

|

« 宿泊特別料金のご案内 | トップページ | 文学碑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104645/5593728

この記事へのトラックバック一覧です: 石碑:

« 宿泊特別料金のご案内 | トップページ | 文学碑 »