« 全国文学館ガイド | トップページ | »

2005年8月 4日 (木)

鈴木光司

鈴木光司さんは平成8年に第17回吉川英治文学新人賞を「らせん」で受賞なさっています。

今回は、そのご縁で、「全国文学館ガイド」のエッセイをお願いしました。

エッセイは、その吉川英治文学新人賞の贈呈式でのスピーチをベースにしたものです。
面白いスピーチだったので、こちらからお願いして、そうしていただきました。

どういう話だったかは、「全国文学館ガイド」を購入してお読みください(笑)

ちなみに、そのスピーチの影響で、一時期、吉川英治文学新人賞の受賞者が相次いで吉川英治記念館にご来館になりました。

最近の受賞者の方はおみえになっていませんが、このエッセイの影響でまたそういう≪ブーム≫になればいいなと、密かに思っています。

|

« 全国文学館ガイド | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104645/5308478

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木光司:

« 全国文学館ガイド | トップページ | »