« 取材旅行 | トップページ | 稗搗節 »

2005年8月31日 (水)

紀伊半島から瀬戸内

取材旅行(1)紀伊半島から瀬戸内にかけての旅は、「新・平家物語」の最初の本格的な取材旅行で、期間も15日間と長いものです。
その分、資料も多く残っており、今回は軸4点、色紙2点、短冊1点、ハガキ1点、取材日誌1点と写真8点を展示しています。

取材日誌は、吉川英治記念館で発行している館報「草思堂だより」に全文を掲載したことがあり、記念館のHP上でも公開していました。
いま、構成を改めようと考えてHPからのリンクは切ってありますが、サーバー上には残してありますので、読むことは出来ます。
ここです。

そこにも書きましたが、この日誌は、なぜか旅の前半の12月16日の分までしか記述がありません。

この旅の様子は、「新・平家今昔紀行」として活字化されています。
それと日誌を比較してみると、わずかながら違いがあって、興味深いのですが、その比較ができるのは旅の前半だけ、なのです。
ちょっと残念です。

|

« 取材旅行 | トップページ | 稗搗節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104645/5719303

この記事へのトラックバック一覧です: 紀伊半島から瀬戸内:

« 取材旅行 | トップページ | 稗搗節 »