« 新発見 | トップページ | 萩すすき »

2005年9月30日 (金)

hototogisu
ホトトギスが咲いています。

この名前はもちろん鳥のホトトギスにちなむものです。
ところが、これが英語では“Japanese Toad Lily”と呼ばれるのだそうです。
“toad”とは「ヒキガエル」のこと。
ということは、訳すと「ニホンヒキガエルユリ」。
おそらく、もともと英語圏に“Toad Lily”という植物があったので、日本のホトトギスもそう呼ばれるようになったのでしょう。

しかし、日本人がホトトギスと見たものを、英語圏ではヒキガエルになぞらえているというわけで、彼我の感性の違いを感じずにはいられません。

|

« 新発見 | トップページ | 萩すすき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新発見 | トップページ | 萩すすき »