« | トップページ | 裏技 »

2005年9月15日 (木)

探しています

花の名前と言えば、「新・平家今昔紀行」の『会津磐梯山の巻』にこんな記述があります。

小川のふちに、可憐な淡黄色の花を折々見る。“かえるのおとがい”というそうだ。みな知っている。ぼくだけが、名知らぬ花。

これは、福島県会津若松市神指町(当時は神指村)の福昌寺に、≪金売り吉次≫の墓を見に行った時の記述です。
ここで、土地の古老に話を聞く吉川英治の写真が残っています。

さて、この“かえるのおとがい”という花がどんな花なのか、気になって検索してみましたが、何も引っかかりません。
手近な図鑑にも見えません。

「おとがい」とは「あご」のことですから、そうすると、蛙が口を開いたような形の花なのでしょうか。
それとも、蛙が鳴く時に下あごを膨らませることがありますが、そういう感じの丸い花なのでしょうか。

吉川英治は、「みな知っている」と書いていますが、私は聞いたこともありませんし、検索しても引っかからないということは、会津周辺での地方名称ではないかと思うのですが、どうでしょうか。

どなたかご存知の方、ご教示いただけないでしょうか?

|

« | トップページ | 裏技 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104645/5972363

この記事へのトラックバック一覧です: 探しています:

« | トップページ | 裏技 »