« 舌洗 | トップページ | »

2005年10月10日 (月)

ゴルフ

今日は体育の日です。

それにちなんで、吉川英治とスポーツということを考えてみました。

自分でプレイするという面から見ると、吉川英治はスポーツとはあまり縁がありませんでした。
日本においては、スポーツは学校体育として普及した面が強く、そのため、小学校中退という学歴しか持たない吉川英治には、スポーツをする機会がなかったのでしょう。

そんな吉川英治が、晩年になってからハマったのがゴルフです。
健康のためにと、人から勧められて始めたものですが、たちまちその魅力に取りつかれたようです。
例えば、吉川家の自動車の運転手が残した運転記録を見ると、昭和35年の夏、軽井沢の別荘に滞在中、ほぼ毎日ゴルフコースに行っていたことがわかります。
すごい熱中ぶりです。

一緒にラウンドするのは、ゴルフ好きの作家仲間であったり、文子夫人であったり、時には息子たちともプレーしています。
思うに、ゴルフという競技自体の面白さもさることながら、ゴルフを通してのコミュニケーションも魅力だったのでしょう。

吉川英治は、自分には学校仲間というものがいない、と言って、学歴のある作家たちが、学校時代の思い出を語るのを羨ましそうにしていたと聞きます。
そんな吉川英治は、作家仲間などとのゴルフに、部活やサークル活動に通じるものを感じていたのではないか、という気もします。

|

« 舌洗 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 舌洗 | トップページ | »