« 訃報 | トップページ | 名付親 »

2005年10月19日 (水)

訃報、もうひとつ

女優の角梨枝子さんが、今月12日に亡くなっていたという記事がありました。

ちょっと驚きました。

というのも、今月2日まで開催していた特別展「新・平家物語」紀行展に、その名前が登場していたからです。

昭和25年12月の「新・平家物語」取材旅行の際に吉川英治が書き残した日誌の12月15日の部分にこう書かれています。

那智は、この旅中第一の美しき印象なりし。神官若き人 角某氏 迎へ、説明してくれる この人 東宝のニューフヱス 角何子といふ女優の兄なる人なりと。加治氏よく知る。 兄は神瀧の神主 妹は東宝の女優、おもしろき世の人々のありかたかな。

吉川英治が名を忘れて「角何子」と書いているのが、角梨枝子さんのことです。

これは、取材旅行の途中で、和歌山県の那智の滝を訪ねた時のことを書いたもの。
滝を案内してくれた那智神社の神官が、角梨枝子さんのお兄さんだということを知っての感慨です。

この部分を含む文章を、パネルにして展示(展示では「何子」はおかしいので、ちゃんと「梨枝子」に直しましたが)していたのですが、よもや展示を終えた直後に、訃報という形でその名前を見ることになるとは思いませんでした。

ご冥福をお祈りいたします。

|

« 訃報 | トップページ | 名付親 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 訃報 | トップページ | 名付親 »