« 俳句の恩 | トップページ | 成人の日 »

2006年1月 8日 (日)

柿の種

昨日ご来館になったお客様からこんな質問を受けました。

吉川英治の「けんかすな兄よ弟よ柿のたね」という句は、どういう意味なんですか?

私は、「『同じ柿の実の中のタネ同士、つまり血を分けた兄弟なのだから、けんかするなよ』という意味でしょう」と答えました。

ところが、質問をしたお客さんが、この回答を聞いて怪訝な顔をしています。
そしてややおいて、

あ、おつまみの「柿の種」じゃないんですね

・・・・・・・・・!?

まあ、「『柿の種』はあられもピーナッツも両方あるから美味しいのだぞ、だから兄弟は仲良くしろよ」と解釈しても、意味は通らないこともないですが(笑)

|

« 俳句の恩 | トップページ | 成人の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 俳句の恩 | トップページ | 成人の日 »