« 愛宕神社祭礼 | トップページ | 吉川文子夫人死去 »

2006年4月23日 (日)

ファンタジー

個人的に愛読しているサイトを通じて、こんなサイトを知りました。

英語が苦手でいまひとつ正確な意図がわからないのですが、この筆者の考える作家(およびそれを目指す人)が読むべきファンタジー小説のリストのようです。

上に基本的なもの60作品のリストがあり、下に『包括的なリスト』というのがありますが、それをずーっと手繰っていくと……

Yoshikawa,Eiji,Musashi

いやぁ、アメリカ人にとって日本の歴史小説はファンタジーなんですね。

ちなみに、ざっと見たところ、日本人作家はあともう一人、村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」が取り上げられています。
吉川英治と村上春樹が同じジャンルに分類されるなんて、日本人の発想にはないですねぇ。

個人的には、学生の頃とても好きだったロジャー・ゼラズニーの名が吉川英治と並んでいるということが、ちょっと感動ものですが。

|

« 愛宕神社祭礼 | トップページ | 吉川文子夫人死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛宕神社祭礼 | トップページ | 吉川文子夫人死去 »