« 父と夫と | トップページ | 指定管理者制度 »

2006年6月17日 (土)

佐屋川句碑再考

先日書いた吉川英治の佐屋川句碑についての文章にコメントがつきました。

それは「散歩をしている時間が短く感じられたという意味」ではないかというものです。

なるほど、そう考えるとしっくりきます。

友人との旅先。
月影の下で語りあう時間は、あっという間に過ぎてしまう。
随分な長さに思えた土手の道も、気がついたら歩き通してしまっていた。

そんな感じでしょうか。

何か傍証になるようなものが見つかるといいのですが。

|

« 父と夫と | トップページ | 指定管理者制度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 父と夫と | トップページ | 指定管理者制度 »