« むすめに与ふ | トップページ | 吉村昭氏死去 »

2006年7月 8日 (土)

新刊案内

光文社知恵の森文庫から「古美術読本二 書蹟」(井上靖監修 秦恒平編)というものが発売になりました。

1987年に淡交社から出たものを文庫化したものですが、ここに収録されている吉川英治の『鶯薮稚舌』という随筆は、吉川英治の単独の随筆集の中には収録されていないものですので、興味のある方には貴重なものです。

ところで、この文庫化にあたって、新しく写真を掲載したいという依頼が編集部からあり、その過程でひとつ気が付いたことがありました。

吉川英治はこの随筆中にこう書いています。

横綴ぢ木版で紙三四十枚ばかりの薄い本で「睡菴玩古録」といふのがある。題箋の書名はややうろ覚えでちがってゐるかもしれないが、とにかく浦上玉堂の嫡子春琴が坐右に愛玩した物のいはば家蔵録といったものを誰かが複本したものである。古書展で拾って机辺においてゐるうち何となくその春琴のさりげない自筆目録の書が好ましくおもはれてきた。で、べつにそれを読むといふのではなく何かに倦むとちょっとそれを手にするやうな習性になってゐた。

この「睡菴玩古録」が記念館に所蔵されているなら、写真に撮りたいというのが依頼でした。

そこで記念館で所蔵している吉川英治の蔵書の目録を見てみましたが、このタイトルの書がありません。
代りに見つかったのが、「睡菴清秘録」というもの。
現物を確かめてみると、浦上春琴が愛玩の品の目録を記し、頼山陽がそれに朱を入れたものを複本したもので、随筆の記述と一致します。

つまり、本人が随筆に書いているように、タイトルを間違えているわけです。

この事実を編集部に伝えたので、今度の文庫にはそのことについての注が入っています。

ところで、後になって私の前任の学芸員がこのことに簡単に触れている文章が館報「草思堂だより」にあったことを思い出しました。
しかし、実はその文章では「睡菴清心録」としていて、やはりタイトルを間違えています。

今回何度も確かめましたから、間違いありません。
正しいタイトルは「睡菴清秘録」です。

しかし、間違いを正したはずの今回の文庫ですが、別の所で間違いがあります。
というのも、今回の文庫は随筆『鶯薮稚舌』の底本についてこう書いているのです。

一九七六年「書道講座」第二巻 ニ玄社

これは正しくは1956年です。

もっとも、これは今回の文庫編集部のミスではありません。
確認したところ、1987年の淡交社版が既に間違えていました。

些細な間違いですが、気が付いたので、一応指摘しておきます。

|

« むすめに与ふ | トップページ | 吉村昭氏死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« むすめに与ふ | トップページ | 吉村昭氏死去 »