« 芸名 | トップページ | 第8回みたけふるさと祭り »

2006年8月11日 (金)

不達不入

先日まで開催していた「英治と文子 吉川夫妻の70年」展が終了しましたので、少し展示を入れ替えました。

その中に、表題にある「不達不入」の文字を書いた軸があります。

一見すると、何か中国の古典に由来する四字熟語のようですが、実はそうではありません。

ゴルフというスポーツからは、≪ゴルフ格言≫と呼べるような言葉が数多く生れています。
その中のひとつに

Never up, never in.

というのがあります。
「カップに届かなければ、カップには入らない」という意味だそうですが、ゴルフをやらない私からすると、「そんなん当り前やんけ」と言いたくなるような言葉です。

さて、晩年ゴルフを愛した吉川英治が、この“Never up, never in.”を漢語に訳したものが、この「不達不入」なのです。
「達せずんば入らず」とも読みます。

兵庫県の広野ゴルフ場にあるゴルフミュージアムにこの言葉についての展示があるそうですが、訪ねたことがないので、実見はしていません。

それにしても、こう書き、こう読むと、何か偉大な哲学的言葉のように見えてくるから不思議ですね。

|

« 芸名 | トップページ | 第8回みたけふるさと祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 芸名 | トップページ | 第8回みたけふるさと祭り »