« 吉川英治賞トリビア-3 | トップページ | 新図録発売開始 »

2006年8月30日 (水)

フランス人

先日、こんなお問い合わせがありました。

最近知り合ったフランス人から、「自分はEiji Yoshikawaのファンで『La Pierre Et Le Sabre』と『La Parfaite Lumiere』という作品を読んだのだが、この本の日本語版が欲しいので、手に入れてくれないか」と頼まれた。しかし、これが吉川英治のどの作品に該当するのか分からないので、教えて欲しい。

『La Pierre Et Le Sabre』と『La Parfaite Lumiere』というのは、日本語に訳すと、「石と剣」と「完全な光」になります。
これでは確かに作品名がピンと来ません。

実は、これは2冊とも『宮本武蔵』のこと。
フランス語版では上下2巻本として出版されているのです。

『宮本武蔵』は、海外でも20ヶ国ほどで販売されていますが、タイトルは最初に翻訳された英語版を踏襲して『Musashi』をタイトルとするものがほとんどです。
まあ、国によってアルファベットの表記は違ったりしますが、読みは『ムサシ』です。
漢字が使える中国・韓国は、そのまま『宮本武蔵』ですが。

そんな中にあって、フランスだけは、大幅にタイトルを変更し、しかも上下巻でタイトルが違う、という形になっています。

フランス人は理屈っぽく、偏屈だとは、俗にはよく言われることです。
フランス人に知り合いのいない私には、それが本当なのかどうかは分かりませんが、このタイトルの件を見ると、確かにそうなのかもしれないと、思えてきます。

|

« 吉川英治賞トリビア-3 | トップページ | 新図録発売開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉川英治賞トリビア-3 | トップページ | 新図録発売開始 »