« 英治忌のお礼 | トップページ | 後片付け »

2006年9月 9日 (土)

吉川英治賞40周年記念イベントのご案内

本日で「受賞作家と語るひととき」の浅田次郎さんの分は締め切りになります。
既に定員を超えておりますので、抽選の後、ハガキをお送りいたします。
本日中に発送したしますので、月曜日、遅くとも火曜日にはハガキが到着するはずです。
ハガキの届かなかった方は、ご容赦ください。

----------------------☆-------------------------

財団法人吉川英治国民文化振興会の主催する吉川英治賞は、昭和42年の第1回から数えて、今年で第40回を迎えました。
そこで吉川英治記念館では、「吉川英治賞40年」展を開催するとともに、その期間中に次のようなイベントを開催することになりました。


受賞作家と語るひととき

吉川英治賞の受賞作家を記念館内の旧吉川英治邸母屋に招き、愛読者の皆さんと語り合う催しを開きます。

第1回(8月26日 土曜日)

宮部みゆき氏(第13回吉川英治文学新人賞『本所深川ふしぎ草紙』)(←終了しました)

第2回(9月2日 土曜日)

諸田玲子氏(第24回吉川英治文学新人賞『其の一日』)(←終了しました)

第3回(9月16日 土曜日)

浅田次郎氏(第16回吉川英治文学新人賞『地下鉄(メトロ)に乗って』)

≪要項≫
定 員=50人
応 募=吉川英治記念館まで、はがきかファックスで希望作家名とご連絡先を明記の上、ご応募ください。応募は作家ごとにお願いいたします。複数回に参加希望の方は、それぞれの回に分けてご応募ください。
締 切=各回の1週間前まで(第1回は8月20日、第2回は8月26日、第3回は9月9日必着)。
定員を超えた場合は抽選となります。当選者には折り返し返信いたします。返信なき場合はご容赦ください。
参加費用=800円(吉川英治記念館の入館料500円を含む)

時間はいずれも15時から17時です。開始時間前に館内をご見学いただくことも出来ます。
当日は通知はがきをご持参ください。はがきをお忘れの場合はご遠慮いただく場合がございます。


文化賞受賞者によるイベント

8月27日(日曜日) 11時からと14時からの2回

ガリレオ工房のおもしろ科学実験教室
(身近な材料を使った実験教室を通して自然科学の楽しさを伝えている中学・高校の先生を中心としたグループ。第36回吉川英治文化賞受賞)(←終了しました)

9月3日(日曜日) 13時からの1回

馬塚丈司さんのウミガメの話
(昭和26年生れ。遠州灘海岸で絶滅の危機にあるアカウミガメの保護を中心に環境保全活動に取り組む。第31回吉川英治文化賞受賞)(←終了しました)

9月17日(日曜日) 11時からと13時からの2回

本村義雄さんの童話口演と紙芝居
(昭和5年生れ。日本全国を回って童話の口演を行っている「くまごろう」おじさん。第40回吉川英治文化賞受賞)

定員の許す限りご自由にご参加いただけます(入館料は必要)。
なお、イベントの性質上、入場は子供を優先させていただきます。ご了承ください。

各イベントとも、草思堂母屋内で開催します。

お申し込み、お問い合わせは

吉川英治記念館
〒198-0064 東京都青梅市柚木町1-101-1
TEL0428-76-1575
FAX0428-76-1936

|

« 英治忌のお礼 | トップページ | 後片付け »

コメント

実験では本当にお世話になりました。
逆に、少人数でゆっくりと一人一人に接することができて楽しかったです。
今度は、娘と妻を連れて参りたいと思いますので宜しくお願いいたします。

投稿: 兼 龍盛 | 2006年8月30日 (水) 05時50分

>兼さん

せっかくなので、今度の日曜日にウミガメの話でも聞きに来ませんか?
あ、でも娘さんにはまだ難しいかな?

投稿: 片岡元雄 | 2006年8月31日 (木) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英治忌のお礼 | トップページ | 後片付け »