« たのしみは | トップページ | 怪我 »

2006年9月30日 (土)

福井

そのつもりで福井市を訪ねたわけではありませんが、考えてみると、福井市は吉川作品とは縁が深い場所とも言えます。

福井駅近くの柴田神社は柴田勝家の北ノ庄城跡だそうですし、南東に向かうと朝倉義景が城を構えた一乗谷があります。
いずれも『新書太閤記』に、当然ながら登場します。

足羽山にある藤島神社は新田義貞が祭神で、市内には新田義貞の戦死地とされる灯明寺畷があり、そこには新田塚という地名が残っています。
もちろん、『私本太平記』に登場します。

先程の一乗谷には、小次郎の里ファミリーパークなんてのがあるようですが、これは佐々木小次郎の越前出身説に基づくものでしょう。
一乗滝には佐々木小次郎の銅像もあると聞きます。
吉川英治の『宮本武蔵』なかりせば、こんなものは生れなかったでしょう。

その上、橘曙覧の存在です。

これだけあれば、吉川英治自身、福井市に何か足跡を残していてもよさそうなものですが、どうもその形跡がありません。
取材旅行の過程で石川県の山中温泉に宿泊したことは記録にありますし、京都府の舞鶴に出掛けたことは随筆に書いていたりしますが、福井の名は見つけられません。

なんだか不思議な気がします。

|

« たのしみは | トップページ | 怪我 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たのしみは | トップページ | 怪我 »