« 吉川英治賞40周年記念イベントのご案内 | トップページ | 宮部みゆきさん »

2006年9月10日 (日)

後片付け

今日は比較的天気が良かったので、母屋に展示していた屏風を片付けました。

と言うのも、毎年、英治忌に出すことになっている屏風があるのです。

それは「新・平家物語」屏風です。

連載の挿絵を担当し、以後様々な形で「新・平家物語」を描いている杉本健吉さんの描いた、作品の名場面の絵を張り込んだ屏風です。

これを毎年、英治忌の1日だけ母屋に展示し、来館者の皆さんに間近でご覧いただいています。

ただ、好天続きの時はいいのですが、今年のように英治忌前後に湿度が高い日が続いている時は、屏風が湿気を吸ってしまうので、そのまますぐに片付けず、しばらく待って天気の良い、湿度の低い日を待って片付けるようにしています。

今年は結局、今日まで置いておくことになってしまいました。

しかし、これでようやく英治忌の後片付けが済んだという気がします。

ようやく気分が平常に戻る、と言いたいところですが、まだ来週の土日にイベント(昨日の記事参照↓)があります。
それが済むまでは、気分が落ち着かないですね。

|

« 吉川英治賞40周年記念イベントのご案内 | トップページ | 宮部みゆきさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉川英治賞40周年記念イベントのご案内 | トップページ | 宮部みゆきさん »