« 展示作業 | トップページ | 小学生 »

2006年10月19日 (木)

Img_7750

「ロビラキ」が咲いています。

庭園の手入れをしてくれている地元の方が、4~5年前に持ってきて植えてくれたものです。
まだ、丈が20cmにも満たない幼木ですが、今年は綺麗に花を咲かせました。

最初名前を聞いた時は、変な名だなと思いましたが、漢字にすれば「炉開き」となります。
茶道では、11月になると、夏の風炉から炉に切り換えます。
それを「炉開き」と言うそうですが、その時期に花を咲かせるので、この名が付いたようです。

持ってきてくれた方は、「ろびらき茶」と教えてくれましたが、厳密に言うと、これはユキツバキと茶の自然交配雑種なのだそうです。

3株植えてくれたのですが、これが一番元気です。
珍しいものらしいので、無事に大きく育ってくれれば、草思堂庭園の名物になれるでしょう。

そうなる日が楽しみです。

|

« 展示作業 | トップページ | 小学生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 展示作業 | トップページ | 小学生 »