« 不動産屋 | トップページ | »

2006年10月 8日 (日)

Img_7733
オケラです。

オケラというと、地面を掘る虫を先に思い浮かべてしまいますが、それとは関係がなく、昔はウケラと呼ばれていたようです。

私は実家が京都なので、八坂神社のおけら詣りは大晦日の風物として何度も目にしています。
あのおけら火は、このオケラを燃やしたものなんですね。
実は、いま初めて知りました。

おけら火を火縄にとって、それをくるくる振り回しながら歩く姿は風情があって良いものです。
若い着物の女性だったりなんかするとなおさらですが、地元以外の人、特に観光客の方にはお勧めしません。

まず、あの火縄を持っていると、他の寺社には入場できない場合があります。
少なくとも清水寺には入れません。
何と言ってもあれは≪火≫ですからね。

同じ理由で鉄道やバスにも乗れません。

飲食店にも入れない場合があります。
多分、入れない方が多いんじゃないかな?

つまり、八坂神社でおけら火をもらったが最後、後はどこにも行けません。

大体あれは、その火種でかまどの火をつけて、その火で作った雑煮を食べて一年の無病息災を祈るというのが、本来の姿です。

興味本位でやるのなら、八坂神社の境内にいるうちにさっさと記念写真だけ撮って、すぐに火は消してしまうのが一番です。
持ち歩くのはご法度です。

もし大晦日に京都に行こうと思っている方がいらしたら、その点、ご注意ください。

|

« 不動産屋 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不動産屋 | トップページ | »