« アートプログラム青梅2006 | トップページ | アートプログラム青梅2006開幕 »

2006年10月28日 (土)

文学館協議会

昨日、仙台文学館で全国文学館協議会資料情報部会が開かれ、出席しました。

文学館協議会の部会というのがどういうものか、あまりイメージがわかないかもしれませんが、事例報告と質疑応答ということで、まあ、小規模な学会というところでしょうか。

全国文学館協議会には90弱の館あるいは団体が参加していますが、今回は31の館・団体の参加でした。

場所が東北のため、西日本からは参加しにくいという面はあったかもしれませんが、逆に、コンスタントに参加する館・団体が限られているということでもあります。

参加できないというのには、職員の数が少ない状態で活動しているので出張できない、という体制の問題や、出張旅費が出ない、という財政上の問題などが背景にある場合があるようです。

本来はそういう所こそ、こうした部会で話される情報を必要としているはずなのですが、それが出来ないというところが、全国の文学館が置かれている現状を表しているように思えます。

ちなみに、私は日帰りでした。
当初は宿泊する予定でしたが、今日、明日から開催するアートプログラム青梅2006の展示作業が入ってしまったため、日帰りにしてしまいました。

職員が少ないと、こういう時につらいんですよね。

なお、展示作業は、先程無事に終了しました。
昨年は、展示予定の作家さんが体調を崩したため、初日を一日遅らせましたが、今回は大丈夫です。

|

« アートプログラム青梅2006 | トップページ | アートプログラム青梅2006開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アートプログラム青梅2006 | トップページ | アートプログラム青梅2006開幕 »