« 二人の雉子郎 | トップページ | 改めてお知らせ »

2007年7月29日 (日)

父の写真

一昨日、吉川英治の父・直広に触れました。

ところで、当館の展示や各種書籍などに登場する吉川英治の父の写真というものがあります。
これです。

Naohiro

この写真には秘密があります。

実は合成写真なのです。

と言っても、西郷隆盛のように無から創作したわけではありません。
元になった写真があります。

これです(クリックすると少し大きくなります)。

Senryu_3

画面左よりのやや上方、番号(1)の箇所にいるのが、直広です。
顔がほとんど木の枝の陰に隠れてしまっていますが、あいにく直広が写った写真がこの1点しか残されておらず、やむなくここから顔全体を復元したのが上の写真ということなのです。

ちなみに(2)が英治の師・井上剣花坊、(3)が親友だった川柳家の川上三太郎です。
そして若き日の英治は(4)になります。

顔ぶれからして川柳句会の際の写真と思われますが、私に明言できるのはこれらの人々ぐらいです。

その他に数人、詳しい方からご指摘いただいた人物もいます。
(5)は当時の川柳界では重鎮の一人である近藤飴ン坊(「京魚」の号もあります)、(6)は寺井紅太郎、(7)は西島○丸(「れいがん」と読ませます)だということです。

もし、この顔なら知ってる、という方がいらしたら、ぜひご教示下さい。

|

« 二人の雉子郎 | トップページ | 改めてお知らせ »

コメント

私は「江戸ソバリエ」という団体の蕎麦の研究家です。

「一茶庵」という蕎麦屋さんを創業した人に片倉康雄という人がいます。
その片倉に影響を与えた人物の一人に近藤飴ン坊がいたとされていますから、ここに掲載されている写真を興味深く拝見しました。
ありがとうございました。

投稿: ☆ほしひかる | 2011年3月17日 (木) 23時21分

>☆ほしひかる様

コメントありがとうございます。

作家に比べると俳人・歌人は名が残りにくいものですが、川柳家はさらに輪をかけて名が残りません。
ですので、こういう些細なエピソードでも、大変興味深く感じます。
蕎麦屋の創業者にどういう影響を与えたのか、もう少し詳しくお聞きしたいところです。

投稿: 片岡元雄 | 2011年3月18日 (金) 16時01分


フードボイス「蕎麦談義」81話に、飴ン坊との関わりを多少触れてみました。
http://fv1.jp/chomei_blog/?p=1385

何かありましたら、ご教示ください。

☆ほし

投稿: ☆ほしひかる | 2011年6月16日 (木) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 二人の雉子郎 | トップページ | 改めてお知らせ »