« アートプログラム青梅2007 | トップページ | 野球 »

2007年10月31日 (水)

営業時間とご案内

吉川英治記念館では、冬期には営業時間を短縮しております。

冬期というにはまだ暖かいのですが、明日11月1日より来年2月29日まで、閉館時間が16時30分に繰り上がります(入館は16時まで)。

ご注意下さい。

特に、例年、アートプラグラム青梅を観覧にいらっしゃる方が、当館の閉館時間を知らずにやって来て、閉まっている門の前で途方にくれる、ということがしばしば発生しています。

アートプログラム青梅をご観覧の方は、まず当館を観てから、他の会場に向かうようにして下さい。

他の会場の開場時間は11時ですが、当館の開館は10時ですし、実際には9時40分にはお客様にご入場いただいています。
したがって、当館を観てから他の会場を回る方が効率的です

どのみち全ての会場を回ろうと思ったら1日がかりになります。
推奨コースはこんな感じ。

朝早めに家を出て、JR青梅駅に9時くらいに着くようにして、都バス「吉野行き」を使って「柚木」で下車して、まず当館へ。
観終わったら、再び都バスで青梅駅方向へ戻り、「滝の上」で下車して、青梅市立美術館へ。ここでは11月8日から21日までアートプログラム青梅関連企画の「OME MIXING」という展覧会を開催しています。
そこから10分ほど歩くと、旧青梅街道の青梅駅前に出ます。
そこから東青梅駅までの街道沿いに、11月14日から25日まで、多摩美術大学・東京造形大学・武蔵野美術大学・明星大学の学生の作品が展示されます。
そして、その途中に、中心会場である青梅織物工業組合の一連の建物と都立青梅総合高校があります。

1日がかりどころか、ちゃんと作品を見るのなら、数日は必要かもしれません。

というわけですので、なるべく当館にはお早めに。

それから、ついでに。

今年のアートプログラム青梅のポスター類は、学生のデザインによるものだそうですが、当館には別途入場料が必要だということがどこにも書かれていません。

くれぐれもご注意下さい。

|

« アートプログラム青梅2007 | トップページ | 野球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アートプログラム青梅2007 | トップページ | 野球 »