« 電子文庫 | トップページ | 海野十三と佐野昌一 »

2007年11月20日 (火)

みやぎの昔ばなし

仙台文学館から企画展のチラシが送られてきました。
「みやぎの昔ばなし ―佐々木德夫の仕事から―」という企画展です。

タイトルと、裏面に印刷された写真を見て、オッと思いました。

タイトルに名前の挙がっている佐々木德夫さんは、宮城県の高校で教諭として勤めながら、消えゆく昔話の採集のために宮城のみならず東北一帯を調査して歩き、1万を越える昔ばなしを掘り起こし記録してきた方です。

その功績に対し、平成4年に第26回吉川英治文化賞を差し上げています。

私は、直接お話しなどはしたことがありませんが、吉川英治賞の贈呈式で姿を拝見しているので、チラシに掲載された写真を見て、アッと思ったわけです。

特にお付き合いも無いので近況を存じ上げませんでしたが、12月16日には文学サロン「昔ばなしを集めつづけて」というイベントにご出演になると告知されていますので、ご健在ということなのでしょう。
吉川賞の要項によれば昭和四年生まれで、今年78歳のはずですから、実に何よりのことだと思います。

仙台周辺にお住まいの方、ぜひお運び下さい。

|

« 電子文庫 | トップページ | 海野十三と佐野昌一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電子文庫 | トップページ | 海野十三と佐野昌一 »