« 国立文学館 | トップページ | 耐震 »

2007年12月13日 (木)

脳トレ?

人間、目でものを見ているようで、意外と見えていないものです。

当館は開館から30年も経っているので、施設がとにかく古い。
特に冬の暖房は利きが悪くて苦情が出るほど。

そこでせめてもと思い、展示室の入口の戸に

暖房しています。開け放さないで下さい。

という札を下げてみました。
外の冷気が少しでも入ってこないように、ということです。

さて、先日、数人のグループで来館した方々が、展示室に入らず素通りして、遊歩道を戻ってこられたので、「展示はご覧にならなかったのですか?」と声をおかけしたところ

何か札が下がってるから入っちゃいけないのかと思って。

・・・・・・「立ち入り禁止」と書いた覚えは無いのですが(苦笑)

普段から、入場門に掲げている「再入場の際には入館券をお見せ下さい」というパネルを見て

再入場禁止かぁ。

と、書いてもいないことをつぶやいて行かれる方は多いんですよ、意外にも。
まあ、これに関してはたいていの展覧会会場がそうなっているので、先入観があるのでしょうが。

とりあえず、何か書いてある札は、脳トレだと思って、ちゃんと読んでみて下さい。

|

« 国立文学館 | トップページ | 耐震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国立文学館 | トップページ | 耐震 »