« さらに開く | トップページ | 青梅アートジャム2008 »

2008年3月30日 (日)

父の一日

桜の声が聞こえ、4月に月が替わると、もう誰も吉野梅郷の梅のことなど思い浮かべなくなります。
実際には、まだしばらくは十分梅見が出来るのですが。

そして、当館の今回の企画展「吉川作品の挿絵・装丁画の世界」も、本日で終了となります。

そんな梅の3月とは一区切り、という最後に、梅にまつわる、少ししんみりした話を。

吉川英治の父・直広は、明治の厳格な父親という側面を持つ反面、激しやすく、自分勝手な暴君的一面も持ち、また、酒癖もあまりよろしくない、そういう人物だったようです。
家を没落させ、英治が≪小学校中退≫で、世の荒波にもまれざるを得なくなる原因をなした人物でもあります。
それ以外にも様々な軋轢があり、英治の父親への思いには、愛憎半ばするものがあったようです。

そんな父親との梅にまつわる思い出が、「梅ちらほら」(随筆集「折々の記」所収)という文章の中に書かれています。

まだ家が没落する前の小学校時代のことでしょう、横浜の杉田梅園に父に連れられて二人で出かけたことがあったそうです。

途中、茶屋で≪うで卵≫を食べ、美味しかったのでもう一つねだったが、たまたま今食べた分で売り切れだった。

父が、「何でも、物は、も少しほしいという所がいいんだ。足らないから、なおウデ卵がうまかったろう」と云った。妙に、こんな平凡なことばが、一生忘れられない。

そして帰り道、蕎麦屋か何かに立ち寄ったのだが、一杯やった父親が大酔してしまった。

梅の一枝をかついで、さんさんと道をよろめき、時々、帽子を落したり、坐ってしまったりして、少年の僕を困らせた。まだ、根岸から電車もなかった時代なので、家に帰るまで、僕は、幾たびも、途方にくれた。しかし、父の印象として、なつかしく、今も思い出してうれしくおもうのは、なぜか、その日の父である。

昭和24年、57歳の時の回想です。

|

« さらに開く | トップページ | 青梅アートジャム2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さらに開く | トップページ | 青梅アートジャム2008 »