« 今日出来ることは明日する? | トップページ | 納得 »

2008年4月30日 (水)

はらださち作品展

4月26日から、表記の特別展を開催しています。

はらださんは、現在は青梅市在住の版画家・イラストレーターの方です。
当館のミュージアムショップに販売している「草思堂の花々」という版画シリーズの作者です。

ここ数年、アートプログラム青梅や青梅アートジャムといった形で、青梅にゆかりのアーティストに展示会場を提供してきましたが、はらださんも青梅在住で、何より当館に関わりもある方なので、一度、作品を当館で展示してみたいと考え、企画した展覧会です。

打ち合わせの段階で、はらださんご自身が、自分は依頼された仕事ばかりで、自分の意思で自由に製作した作品はほとんどないんですよ、とおっしゃっておられましたが、逆に、その分様々なバリエーションのある構成となりました。

当館でお願いしている「草思堂の花々」をはじめ、雑誌『詩とメルヘン』のための挿絵や、雑誌『潮』目次カット、各種書籍の挿絵やカット、レコードジャケットの装丁画やレコードジャケット内側の見開きの挿絵、群馬県教育委員会製作の映像シリーズ「上州再発見」のための映画タイトル原画もあれば、家庭用水耕栽培セットのパッケージ原画もあります。

また、雑誌『教育書道』に連載した中国の書家にまつわるエピソードを紹介したコーナーでは、挿絵に加え、本文もはらださんが担当しています。

会場では、千葉テレビで長年にわたって放送されているTVアニメ「おーい おはなしだよ」のうちの1編ではらださんが原画を担当した「ぬまにはいったうし」(1979年5月28日本放送)の映像も紹介しています。

挿絵やカットが主体ということで、大きな作品はありませんが、その代わり100点近い作品を展示しています。

会期は5月18日までです。

ご興味のある方はぜひお運び下さい。

|

« 今日出来ることは明日する? | トップページ | 納得 »

コメント

はらだ さち さんの 作品展。
いいものを 見せていただきました。
庭園の 花と共に 絶妙な タイミングで、
版画と オーバーラップしているのも 企画者の 心が 感じられました。
作品は ひとつ ひとつ 愛しく 見る人に さちさんの
人柄が 伝わるものでした。
さちさんの 版画は 大変な仕事なのに いとも簡単そうに見せ 美しい絵の中に ユーモアと夢が あります。
ありがとうございました。

投稿: Fumiko Kogure | 2008年5月 4日 (日) 03時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日出来ることは明日する? | トップページ | 納得 »