« 母と妻 | トップページ | 台湾文学館の魅力 »

2008年5月13日 (火)

浅田次郎さんと語るひととき

昨年から定例行事化した「吉川英治賞受賞作家と語るひととき」の第2回は、本年度吉川英治文学賞受賞者(『中原の虹』)の浅田次郎さんです。

参加者募集の要項が決まりましたので、サイトの方にアップいたしました。

参加ご希望の方は、サイトをご覧のうえ、規定に沿ってご応募下さい。

ちなみに、昨年の宮部みゆきさんの時は、先着順で募集したところ、募集開始初日で定員に達してしまいましたので、今回は抽選にしました。
30日間の募集期間を設けておりますので、慌てずにお申し込み下さい。

ご応募お待ちしています。

|

« 母と妻 | トップページ | 台湾文学館の魅力 »

コメント

「浅田次郎さんと語るひととき」
宮部さんのときはパソコン不調で出遅れてしまいましたが、今度こそ……うぬぬぬぬ……しかし、最近またパソコンの機嫌が悪いので心配です。8月まで新調すべきか……。
何せ愛すべき商売道具でございますから。

投稿: 夢酔藤山 | 2008年5月19日 (月) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 母と妻 | トップページ | 台湾文学館の魅力 »