« 第11回写真コンテスト入賞者発表 | トップページ | 落書きその他 »

2008年6月27日 (金)

読書随所浄土

菊池寛顕彰会の会報が送られてきたので、パラパラと眺めていると、「菊池寛文学碑の建立」という記事がありました。
菊池寛の生誕120年を記念して、今年の2月23日に、菊池寛の母校である高松市立四番丁小学校の校庭に、文学碑が建立されたという記事でした。

文学碑には、菊池寛自筆の色紙をもとに

閉門即是深山 読書随所浄土

と刻まれているそうです。

会報と共に、菊池寛の随筆『読書浄土』のコピーが同封されていました。

読書の楽しみについて書いた文章ですが、「(読書の楽しみを知らないのは)人間に生まれてゐながら、心は豚に近いと云はれても仕方がないだらう」だとか、「現代に生れ、しかも印刷文化に於て、世界第一の日本に生れ、そして本を読まなかつたら、来世はその罰で、きつと土龍(もぐら)か何かに生れるであらう」などと、モノズゴイことを書いています。

その冒頭に

私は、この頃人に色紙を頼まれると、「閉門即是深山。読書随処浄土」と云ふ言葉を書くことがある。これは「菜根譚」の中から見つけた言葉で(書を読めば随処も浄土)と言ふ文句が気に入つたのである。

と書いています。

この言葉、菊池寛に感化されて、吉川英治も好んだ言葉で、後半の「読書随所浄土」の部分を揮毫したものが、複数残っています。

ところで、菊池寛は(実は吉川英治も)、この言葉の出典を「菜根譚」としていますが、私の前任学芸員が調べたところ、「菜根譚」には、この言葉は記載されていませんでした。
念のため私も、別版の「菜根譚」を確認してみましたが、確かにありませんでした。

実は、この言葉は「酔古堂剣掃」という、別の中国の名言集に掲載されているものなのだそうです。

菊池寛もそそっかしいですね。
それを鵜呑みにしたのであろう吉川英治も、ちょっと迂闊でした。

親友なので信じたのでしょうが。

|

« 第11回写真コンテスト入賞者発表 | トップページ | 落書きその他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第11回写真コンテスト入賞者発表 | トップページ | 落書きその他 »