« 勘違い | トップページ | カンタン »

2008年7月30日 (水)

電子文庫

吉川英治の作品は講談社によって一部電子化されているのですが、この度、e-Book Japan から電子化された作品の全てが販売されることになりました。

立ち読みも出来るようですから、ご興味のある方はぜひアクセスしてみて下さい。

もちろん、ご購入いただけると、とても嬉しいのですが。

ニュースリリースはこちら

特集はこちら

ご参照下さい。

追記
冒頭に、「吉川英治の作品は講談社によって一部電子化されている」と書いたところ、電子化の担当者から「『一部』はちょっと引っかかるなぁ」と、抗議されてしまいました(笑)

講談社による吉川作品の電子化は、現在も刊行中の「吉川英治歴史時代文庫」全巻分(それに+αあり)になるので、「一部」はあんまりだ、ということなのですが、実のところ、それでも吉川英治の全作品のおよそ半分といったところなのです。

ちなみに、歴史時代文庫は全部で85巻ですが、かつて刊行されていて、収録作品数がどの全集よりも多かった「吉川英治文庫」は全161巻でした。
それでも完全に全作品が収録されているわけではないのです。

ちなみに、吉川英治の総作品数は、わかっている範囲ではここに書いた通りです。


|

« 勘違い | トップページ | カンタン »

コメント

片岡様
「一部が」でなく「約半数が」とか「半数近くが」と書いていただきたかったという気分です。
読者のご要望があれば、《吉川英治文庫》に収録されていて《吉川英治歴史時代文庫》にはない作品を電子化してもよろしいのですが、ただ、今、全100巻の《山岡荘八歴史文庫》の電子化があと1年半くらいはかかる予定ですので、その合間をぬっての仕事になります。リクエストをお待ちします。

投稿: 講談社の担当者 | 2008年7月31日 (木) 13時16分

担当者様

書き込みまでしていただいて、申し訳ございません。
吉川英治って、こんなにたくさん作品を書いているんだよ、と強調したかったので、つい、そう書いてしまいました。

ちなみに、それをご紹介するつもりで始めた≪作品紹介≫のカテゴリーなのですが、滞ったままです。

投稿: 片岡元雄 | 2008年7月31日 (木) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 勘違い | トップページ | カンタン »