« 夫婦とは | トップページ | サライ »

2008年9月28日 (日)

見落とした

1年ほど前にこんなことを書きました。

最近調べてみたら続巻が出ていました。
以前触れたものを書店で見かけた時には店頭に無かったので気がつきませんでした。

「信州歴史時代小説傑作集第四巻 人情草紙」(2007年7月31日 しなのき書房)という本です。

収録作家は立松和平・岡本綺堂・安部龍太郎・杉本苑子・新田次郎・吉川英治・村上元三・川口松太郎・子母澤寛・伊藤桂一・池波正太郎・笹沢左保です。

吉川英治の作品は、以前触れた時に、どうせならこれを入れた方が、と指摘した「銀河まつり」です。

ちなみに「銀河まつり」の内容はこんな感じ

こういうものは、著作権者には献本されますが、さすがにその作家の記念館にまではなかなかご寄贈いただけないので、気づかずに見落としてしまうこともあります。

あつかましいお願いですが、ご寄贈いただけると、とても助かります。

よろしくお願いいたします。

あ、この本は買いましたけどね(笑)

|

« 夫婦とは | トップページ | サライ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夫婦とは | トップページ | サライ »