« 割引 | トップページ | 天気予報 »

2009年1月24日 (土)

“お通”第一号

今日は、女優・夏川静枝の命日だそうです。
1999年、享年は89歳だったとか。

あるサイトでそれを知って、ふと、夏川さんは“お通”の第一号じゃなかったっけ?と思い、確認してみました。

吉川英治の「宮本武蔵」は、朝日新聞紙上に昭和10年8月23日から掲載され、途中半年余りの中断をはさんで、14年7月11日まで連載されました。

これが劇化されたのは、まだ連載中の昭和11年のこと。

ひとつは嵐寛寿郎主演の映画「宮本武蔵 地の巻」(寛寿郎プロ・新興キネマ/監督:滝沢英輔)。

この他に市川寿美蔵主演の舞台と市川小太夫主演の舞台の2種があったと記録が残っています。

このうち、市川寿美蔵主演の舞台で“お通”を演じたのが夏川静枝です。

さて、この3種のうち、どれが一番最初に公開されたのか。

嵐寛寿郎主演の映画「宮本武蔵 地の巻」は5月16日公開。

市川寿美蔵主演の舞台「宮本武蔵(二幕五場)」は7月1日初日(有楽座)。

市川小太夫主演の舞台「宮本武蔵(三幕十景)」は9月1日初日(浪花座)。

つまり、嵐寛寿郎主演の映画「宮本武蔵 地の巻」が最初で、その中で“お通”を演じた森静子が、“お通”第一号。
夏川静枝は、舞台での“お通”第一号ですが、全体では二人目ということになります。

記憶違いでした。

ちなみに、市川小太夫主演の舞台で“お通”を演じたのは中村成太郎となっています。
つまり≪女形≫ということですね。
したがって、“お通”を演じた男の第一号は中村成太郎である、ということになるでしょうか。

三者三様の第一号ということにしておきましょう。

|

« 割引 | トップページ | 天気予報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 割引 | トップページ | 天気予報 »