« 新築物件 | トップページ | 吉川英治の落語 »

2009年2月 6日 (金)

草思堂落語会

今年の春の催事として、≪草思堂落語会≫を開催することになりました。

開催は4月18日(土)。

申し込みはメール・ハガキ・ファックスで3月15日から受け付けます。

定員は50名で、応募者多数の場合は抽選となります。

参加者には4月7日までに入場整理券を兼ねたハガキをお送りしますので、抽選の場合の当選発表はそのハガキの発送をもって代えさせていただきます。

詳しいことはこちらをご覧下さい。

出演は柳家禽太夫師匠。
先年亡くなった吉川文子夫人の姪の娘婿にあたります。

前座の方と二人で三席やっていただきますが、そのうちの一席は吉川英治原作の≪新作落語≫を演じていただきます。

吉川英治は、作家デビュー前後の大正時代末に、≪吉川英治≫以外のペンネームで、多数の作品を書いています。
その中に、≪新作落語≫と銘打って書かれた作品が複数存在します。

これらは、書かれた当時、雑誌に掲載された後、一度も単行本には収録されていません。

また、≪新作落語≫と言いつつも、あくまで雑誌に掲載する≪読み物≫としての落語ですので、当然、高座にかかったこともありません。

言ってみれば≪吉川英治 幻の落語≫です。

これを、せっかくなので、本物の落語家に演じてもらおうという企画。

後年の作品とは一味違う、若き吉川英治の意外な一面を味わっていただければと思います。

興味のある方は、ぜひご応募ください。

|

« 新築物件 | トップページ | 吉川英治の落語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新築物件 | トップページ | 吉川英治の落語 »