« 子供時代の旅 | トップページ | 川本喜八郎先生 »

2009年4月30日 (木)

吉川英治の家族旅行

昨日触れたように、家が傾いて以降の吉川英治は、生活に追われ、家族旅行ができるような状況ではありませんでした。
まあ、そもそも、いま我々がイメージするような家族旅行自体が、明治・大正時代にはまだ一般的ではなかったのかもしれませんが。

一方、作家となってからの吉川英治は、すぐに売れっ子となったおかげで、経済的には余裕ができました。

作家デビューの時点で既に両親は失っていましたが、結婚をし、自分の家族を持っていました。

しかし、売れっ子になったがために、逆に多忙となって、家族旅行をするような時間がなくなってしまいました。

そんな中で、ちょっと変則的な≪家族旅行≫を実践しています。

ひとつは、執筆のために関東近郊の温泉地にこもり、そこへ家族を呼び寄せるというパターン。
今に残る家族写真や、温泉地から出された書簡類の文面から、そうした形での≪家族旅行≫の様子がうかがえます。

もうひとつは、取材旅行や講演旅行に家族をともなうもの。
戦後の「新・平家物語」や「私本太平記」の頃にそうした例がたびたびありました。

しかし、いずれの場合も仕事と完全に切り離して、家族だけでゆっくりと旅をする、という家族旅行とは程遠いもの。
その意味では、吉川英治はついに純然たる家族旅行は経験できないままその生涯を終えてしまったと言えるのかもしれません。

吉川英治の短詩に

奈良へ来ても 伊勢路に来ても
見れば見とれぬ 母ある人の
ははともなふを

というものがあります。
これは伊勢神宮から大和路へと旅した際の詠。
母親を連れて旅をしている人を見ると、うらやましく思うという気持ちを率直に表現したものです。

吉川英治の母・いくは、英治が作家となる前に世を去っています。
せっかく経済的に余裕ができて、家族旅行ができる身の上になったのに、生前、苦労ばかりだった母を旅に連れて歩くことももはや適わないという、深い悔恨の念のこめられています。

純然たる家族旅行ではなくとも、家族と思い出を共有できたことは、それだけで、吉川英治にとって幸せなことだったのかもしれません。

|

« 子供時代の旅 | トップページ | 川本喜八郎先生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子供時代の旅 | トップページ | 川本喜八郎先生 »