« おすそ分け | トップページ | 親友 »

2009年6月28日 (日)

兄弟

企画展「書簡に見る吉川英治の交遊」ですが、堀越梅子同様、知る人ぞ知るという人物との書簡を、もう一つご紹介します。

それが、野口駿尾に宛てた吉川英治の書簡(昭和13年8月27日付)です。

野口は画家で、英治とは「宮本武蔵」の取材旅行に同行するなど懇意でした。
ここで紹介している九州への取材旅行、あるいは岡山県宮本村(現美作市)への取材旅行の写真に一緒に写っています。

また、野口の娘・多嘉子と結婚した画家・南政義と戦時中の南方視察の際に南の徴用先のインドネシアで逢ったという話が、英治の「南方紀行日誌」に出てきます。

手紙の内容は簡単なもので、野口より送られた古書が、一部の随筆類などを除いて自分には不要なものなので、別の人に譲ってくれるようにと伝えているものです。

さて、この野口駿尾という人物については、一度きちんと調べようと思いながらまだ果せていませんが(こんなことばかり言ってますが)、決して画家として高名ではないため、なかなか事跡がはっきりしません。

ただ、兄が良く知られた人物であり、そこが一つの足がかりになるであろうと思っています。

ここでも触れていますが、野口駿尾の兄は実業家の野口遵です。

加賀藩の士族出身の野口遵は、東京帝大で電気工学を学び、実業家として化学工業に大きな足跡を残しました。
現在のチッソ、旭化成、積水化学などを創業し、また、それによって成した私財のほとんどを科学振興のための野口研究所と朝鮮の教育振興のための朝鮮奨学会の設立に費やしたことでも名を残しています。

そんな理系な兄の弟が、なぜ、どういう流れで画家になったのか、興味を覚えます。

昭和21年に亡くなっているため、戦後は、当然ながら交流がないのですが、昭和10年代の吉川英治をよく知る人物の一人です。

|

« おすそ分け | トップページ | 親友 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おすそ分け | トップページ | 親友 »