« 再録 | トップページ | 死刑廃止 »

2009年7月15日 (水)

夏仕様

当館の中心である旧吉川英治邸の母屋ですが、江戸時代の末か明治の初頭の建築とみられる古い建物です。
また、吉川英治が暮らしていた時も、まだ現在のようにエアコンなど無かった時代です。

エアコンのある現在の住居は、冷暖房効率を上げるために機密性が高くなっていますが、この母屋では逆に夏の通気性をいかに確保するかという工夫がいくつか見られます。

例えば、この何の変哲もない窓の下には

Hi3e0195

開閉できる格子があります。

Hi3e0194

また、この玄関部分の戸は

Hi3e0197

障子部分を外して、格子戸にできるようになっています。

Hi3e0198

昨日梅雨明けしたということで、湿度も下ってきましたから、母屋内に空気が通るよう、玄関は格子戸の状態にしておくことにしました。

わかりにくい変化ではありますが、古建築に興味のある方はぜひ。


|

« 再録 | トップページ | 死刑廃止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再録 | トップページ | 死刑廃止 »