« “よそゆき”の親 | トップページ | ちょっと違う »

2009年8月27日 (木)

ケツ

企画展「子供と吉川英治」にからめて、昨日は吉川英治の父性愛についての考えをご紹介してみました。

息子二人に関しては、まさにその通りの態度をとっていた英治ですが、娘たちに対しては、いささか感じが違ったようです。

英治は、文子夫人との間に昭和13年に長男・英明、昭和15年に次男・英穂、昭和17年に長女・曙美を得ていました。

この長女の曙美については、子育て時期が同じなので、子に対する態度も同様であったようです。
さすがに女の子に手をあげはしなかったものの、息子二人以上に、行儀作法や立居振舞いについては厳しかったそうです。
いかにも明治男らしく、「夫にかしずき、家を守る」のが女性の務めであり、そうなるようにしつけるというスタンスだったのでしょう。

笑い話的ですが、長女がバレエを習いたいと言うのを聞いて、「男にケツを持ち上げられて、どこがいいんだ!」と激怒したこともあったそうです。
芸術としてのバレエを評価していても、自分の娘が男性に身体を触られるなんて、「考えただけでも虫酸が走る気がしたのだろう」と、吉川英明は「父 吉川英治」に書いています。

長女は、吉川英治が亡くなる半年前に、英治の子供たちの中では唯一存命中に結婚しています。
結婚後、亡くなるまでの短い期間だったけれど、本当にやさしかったと、長女は述懐しています。

嫁に出して親の務めは果たした、これからは思う存分愛情を表現しよう、という矢先に亡くなってしまったということなのでしょう。

これに対して、昭和25年に生まれた次女・香屋子に対しては非常に甘く、「咲くように咲かせてみようじゃないか、1人ぐらい、いいだろう」と語っていたと言います。
厳しさの中に愛情を隠すこともなく、ひたすら可愛がっていたそうです。

それについては、58歳の時に授かったということもあって、孫の役割を果たしていたのだろう、とはよく言われることです。
いま触れたように、英治にとって我が子の中で死ぬまでに結婚したのは長女だけでしたから、本物の孫を得られなかった代りが、次女だったのだろう、というわけです。

私はそれに加えて、園子の面影もあったのではないかという気がしています。

園子は、吉川英治が最初の結婚の際、前妻との間で子供に恵まれなかったため、産後すぐに貰い受けた養女です。
離婚の際、前妻に引き取られましたが、英治の再婚後の家庭にもよく訪れ、文子夫人や子供たちとも仲良くしていたそうです。
しかし、昭和20年3月の東京大空襲で、園子は命を落しました。

その園子に対しては、すこぶる甘かったそうで、ある時、英治の書生が張り替えたばかりの障子に園子がふざけて穴を開けたので叱ったところ、逆にその書生が英治から怒られた、などという話があるくらいです。

園子が亡くなった後に授かった次女に、亡くなった園子の分も愛情を注ごうとした結果が、傍目にも甘く見えるような態度になったのではないかな、という気がするのです。


今年の英治忌は9月6日(日)です。

|

« “よそゆき”の親 | トップページ | ちょっと違う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “よそゆき”の親 | トップページ | ちょっと違う »