« 集荷作業 | トップページ | 第二回草思堂落語会を開催します »

2010年2月15日 (月)

本のご寄贈

昨日、資料の寄贈ということに少し触れましたが、数日前、来館なさった方から、こんなお申し出がありました。

「亡くなった父親の書架に吉川英治の本が数冊あった。捨てるのは忍びないので、引き取ってもらえないだろうか。」

去年あたりから、こういうお申し出が増えてきているように感じます。

吉川英治も、もうそろそろ没後50年。
若い頃にまだ吉川英治が存命で、その頃に吉川作品に接した世代の方々が、世を去られる時期に来ているのかもしれません。

以前も書いたような気がしますが、こうしたお申し出に対する基本姿勢は

・貴重なもの、珍しいものであれば、頂戴します。
・そうではないけれども、状態が良いというものであれば、頂戴します。
・そのどちらでもないものは、申し訳ございませんが、お断りいたします。

ということになります。

ありがたい話ではあるのですが、書庫のスペースには限りがありますので、残念ながら無制限には受け入れることが出来ない状況なのです。

それでも、私はせっかくのご厚意をにべもなく断ることは気が引けるので、いままではあまり断ってこなかったのですが、昨年はついに、「これはお引き受けできかねます」と断る事態になりました。

と言うのも、なぜか昨年だけで「吉川英治全集」(昭和41~45年 講談社)のご寄贈のお申し出が5件もあったのです。

いずれ館内に閲覧コーナーを設けよう、その時にはダブっている所蔵図書を並べて、実際に手にとって作品を読んでいただけるようにしよう、という考えがあるので、全集のご寄贈のお申し出などは、最初はもっけの幸いと思っていたのですが、さすがに5セットは必要ありませんし、何より置き場がありません。

初めの3件はありがたく頂戴したのですが、あとの2件はお断りしてしまいました。

この場を借りて、改めてお詫びいたします。
事情をご理解いただければ幸いです。

とは言え、基本的にはこうしたお申し出は大歓迎です。

処分する前に、ぜひ一度ご連絡いただければ助かります。
よろしくお願いいたします。

|

« 集荷作業 | トップページ | 第二回草思堂落語会を開催します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 集荷作業 | トップページ | 第二回草思堂落語会を開催します »