« 飯田訪問――その2 | トップページ | 第13回吉川英治記念館写真コンテスト入賞者発表 »

2010年5月31日 (月)

飯田訪問――おまけ

今回は時間もなく、下準備もしていませんでしたので、結局、関連する場所のどこも訪ねなかったのですが、吉川英治は伊那谷を旅したことがあります。

記録によれば、昭和27年10月25日から11月2日にかけて、「新・平家物語」の取材のため木曽義仲の事跡を訪ねる旅を行っています。
旅に同行したのは挿絵を担当していた画家の杉本健吉と朝日新聞の関係者数名です。

その時、10月25日に新宿を出発して中央本線で辰野まで来て飯田線に乗り換え、市田駅で下車してそこから天竜川を船で下り、当時の竜江村、現在の飯田市龍江の天竜峡温泉に宿泊しています。
翌26日は、車で飯田から山を越えて木曽谷へ抜けています。

宿泊した天竜峡温泉では、竜江村の少女たちが伊那節踊りを披露して、吉川英治一行を歓迎してくれました。
吉川英治はそのお礼として、

伊那乙女ひとり貰うて帰りたや

という句を書いた色紙や半切を、少女たち一人一人に渡しました。

川本喜八郎人形美術館の方によると、天竜峡温泉のある旅館にその色紙が今でも飾られているとのこと。

結局1泊しかしていませんし、当時の行政区からすると飯田市はほぼ素通りしていることになるのですが、吉川英治がこの地に足跡を残したことは、確かです。

いずれ再訪したいと思っています。

|

« 飯田訪問――その2 | トップページ | 第13回吉川英治記念館写真コンテスト入賞者発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飯田訪問――その2 | トップページ | 第13回吉川英治記念館写真コンテスト入賞者発表 »