« 酒の随筆 | トップページ | 落し物 »

2010年7月11日 (日)

重松清さんを囲むひととき

記念館サイトの方は更新しておきながら、ここでは告知しておりませんでしたが。

毎年恒例の≪吉川英治賞受賞作家を囲むひととき≫の今年のゲストが、本年度吉川英治文学賞受賞(『十字架』)の重松清さんに決まりました。

詳細や、応募方法はこちらをご覧下さい。

ご応募をお待ちしております。


ところで、話は変わりますが、先日、書店に足を運んだところ、冲方丁さんの『天地明察』が平積みされ、書店によるポップが付けられていました。

本年度本屋大賞受賞!
直木賞とのW受賞なるか!

すいません、吉川英治文学新人賞を受賞しているので、直木賞も受賞すると、トリプル受賞なんですけど。
それに本屋大賞よりも前に吉川英治文学新人賞を受賞してますから、本屋大賞に輝いた時点で、ダブル受賞なんですが。

そんなに存在感がないですかね、吉川英治文学新人賞は?

ちょっと、へこみました(苦笑)

|

« 酒の随筆 | トップページ | 落し物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 酒の随筆 | トップページ | 落し物 »