« 川本喜八郎先生 | トップページ | 吉川英治の家めぐり(2) »

2010年8月31日 (火)

吉川英治の家めぐり(1)

開催中の企画展「吉川英治の家族と家」にあわせて、吉川英治が住んだ家を順番に紹介していこうかと思います。
何しろ、30回ほど引っ越しているわけですから、1軒ずつ紹介しても30日になりますからね。

もっとも、以前こちらで誕生から小学校低学年までの時期の家は紹介済みですので、その後から。

自筆年譜によると明治34年、英治9歳の時に根岸地区を離れ、≪南太田清水町一番地≫に転居しました。
ここは当時、今も同じ場所にある東福寺の赤門にちなみ、俗に≪赤門前≫と呼ばれていたそうで、現在では地名も≪赤門町≫になっています。

庶民的な街だった根岸地区とは対照的に、清水町はお屋敷町で、「いとも閑静な、そして小さな町で、(略)きれいな小川が繞っていて、どの家の門にも、その家だけの小さな橋が架かっていた」(「忘れ残りの記」より)という環境でした。

当時父親が桟橋会社を経営して羽振りが良かったために、それまでにない大きな家へ転居したようです。

英治の父・直広は、息子を実業家にしたいという思いがあったようで、根岸地区に住んでいた時には、海外との貿易に役立つようにという理由から、学校に頼んで英語の課外授業を受けさせたりしたと、英治は自叙伝「忘れ残りの記」や随筆に書いていますが、この清水町の家では、実際に商売の練習をさせるという目的で、家を改造して≪みどり屋≫という雑貨屋を始めています。
その様子を「何不自由もない父の全盛期であったのに、家に大工が入って、表門も玄関も改造しはじめ、ぼくの家はとつぜん“みどり屋”という紺暖簾を掛けた雑貨店に変り出したのである」(「忘れ残りの記」より)と書いています。
もっとも、商売の練習用の店ですから、開店の際の福引付きの期間には客が来たものの、それを過ぎたら滅多に客が来ることもないような状況で、利益を度外視した店であったようです。

「忘れ残りの記」には、家そのものについての描写はあまりありません。
「日本間なのだが、二階の父の寝室には、大きな西洋ダンスがおいてあった。あらゆる種類の舶来酒がその棚に並んでいる」というので、家が日本家屋の2階建てで、洋風な調度品も置かれていたようだと、わかるくらいです。

家とは関係ありませんが、この清水町の家から数ブロック離れただけの英町に明治30年に生れ、37年まで住んでいたのが本名・野尻清彦、つまり大佛次郎です。

吉川英治の転居が34年なら3年ほど重複するはずですが、年齢が5歳違うためか(英治が年長)、後年、作家として知己になる2人ですが、当時のお互いについての思い出は何も残っていなかったようです。

そんな家から、家運の没落によって出て行かなければならなくなるのは、明治36年、英治11歳の時のことになります。

|

« 川本喜八郎先生 | トップページ | 吉川英治の家めぐり(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 川本喜八郎先生 | トップページ | 吉川英治の家めぐり(2) »