« 明日は英治忌です | トップページ | 吉川英治の家めぐり(6) »

2010年9月 9日 (木)

英治忌のお礼

今年も、どうにかつつがなく英治忌を終えることができました。

当日は約250名の方にご来館いただきました。ありがとうございました。

また、厳しい残暑の中、お茶席を開いていただいた裏千家淡交会桑都青年部の皆様、その他お手伝い下さったスタッフの方々には、大変感謝いたしております。

ひとつだけ残念だったのは、お客様のお一人が庭内で転倒され、頭を打たれて、病院に運ばれることになったことです。
意識もはっきりしていて、とりあえずは大事とはなりませんでしたが、大変申し訳なく思っております。
回復されたら、ぜひ再訪していただきたいと、願っております。

暑すぎる一日でしたが、もし1日ずれていたら、雨になっていたところで、その点では、まだ幸運だったのかとも思っています。
とりあえず、熱中症になるスタッフもいませんでしたし。

私がこの吉川英治記念館に勤め始めた頃は、英治忌が年間の唯一のイベントで、1年がこの日を中心に回転していたようなものでしたが、その後、年間の企画展の回数を増やし、落語会や吉川英治賞受賞者を囲むひとときや文学散歩といったイベントも開くようになりました。

それでもやはり、英治忌は特別なイベントです。

来年もよろしくお願いいたします。

|

« 明日は英治忌です | トップページ | 吉川英治の家めぐり(6) »

コメント

 このたびは英治忌にお招きくださって、誠にありがとうございました。ほぼ30年ぶりの再訪でしたが、門から母屋のあたりでは、当時の記憶が少し蘇ってきて、なつかしい思いでした。
 当日は、猛暑の中で大変ご苦労をなさったと思いますが、館長や事務長はじめ、スタッフの皆さんがそろって笑顔で来館者を迎え、見送りされていたのが印象的でした。
 また来館者も、英治ファン・吉川家ファンという絆で結ばれていて、私も大いに共感を覚えました。
 圏央道を利用すれば近いことがわかりましたので、また伺わせて頂きます。ありがとうございました。

投稿: 南條憲二 | 2010年9月10日 (金) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日は英治忌です | トップページ | 吉川英治の家めぐり(6) »