« 吉川英治、久保天随に叱られるの巻―その3 | トップページ | 大阪(1) »

2010年12月25日 (土)

第4回江東シネマフェスティバル

先日、江東区古石場文化センターの方からお電話があり、来年1月8日~10日に行なわれる第4回江東シネマフェスティバルの際に、吉川英治記念館のパンフレットやチラシを置きたいので、何か配布できるものがあれば送って欲しい、というお申し出をいただきました。

毎回この江東フィルムフェスティバルのパンフレットは配布用に送られてきていますが、今までそんなことはなかったのにな、と思い、少し前に送られてきていた今回のパンフレットを見てみると、吉川英治原作の映画が上映される予定であることに気がつきました。

1月8日(土)に行なわれる無声映画特集で、「チャップリンの放浪者」とともに「御誂治郎吉格子」が上映されます。

吉川英治の短編「治郎吉格子」を原作とした映画で、昭和6年の日活作品。
監督は伊藤大輔で、主演は大河内伝次郎、共演は伏見直江、伏見信子ほか。

無声映画なので、弁士(澤登翠)が付きます。

もう10数年前になりますか、青梅市民会館で、やはり澤登翠さんの弁士で、この作品が上映されたのを観たことがあります。
無声映画独特のテンポがあって、興味深かったです。

今となっては滅多にできない経験ですので、ぜひご覧になることをおすすめします。

|

« 吉川英治、久保天随に叱られるの巻―その3 | トップページ | 大阪(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉川英治、久保天随に叱られるの巻―その3 | トップページ | 大阪(1) »