« 忍者と麻の実(3) | トップページ | 草思堂の花々 »

2011年2月21日 (月)

忍者と麻の実(4)

さて、前回、長くなるので次回に、とした「随筆宮本武蔵(承前)」における「忍術を語る」座談会の様子を引用してみます。

晩には又、サンデー毎日の会合があり、どうしてもそれへ顔を出さねばならない事情にあるので、行つてみると、阿部真之助氏も、大下宇陀児氏も、当夜の実演者忍術家の藤田君も来てゐる。折も折、その晩の会は、藤田君の伊賀流忍術を科学的に検討するといふ会なのである。非常時中の非常な夜に、厄介な会がぶつかつたものだつた。藤田君が長い日本刀を出したり、伊賀流の梯子を取り出したり、明りを消したりするので、女中たちは寄りつかない。だが会場は橋場の山楽(注:正しくは三楽)なので、騒擾の中心からはやや遠い。いや遠くもないが、浅草辺ではまだその日の事を何も知らない民衆が多かつたのである。山楽の帳場では、予約のためやむなく営業してゐるといふ顔つきだつたが、座敷の客は、何の神経もない、僕らの隣りの部屋では、ビール会社の若い社員たちの送別会でもあらうか、交る交る「私のラバさん」だの「三社まつり」などといふものを美音を競つて唄ひ合つてゐた。

朝、自宅の隣家で高橋是清が殺され、夜には自称忍者と座談するという状況に、辟易している様子が伺えます。
また、高橋是清の死という衝撃を受けた吉川英治の切迫感と、あまり情報を知らず深刻さのないビール会社の社員たちの、大きな落差も感じます。

もっとも、さて情報手段が発達した現在、何かあった時にシブヤのギャルたちがどう反応するのだろうかと考えると、ビール会社社員の姿は情報伝達の問題だけではないのだろうという気もします。

さて、ここで、またしても見落としに気がついたので、触れておきます。

『吉川英治全集月報31』(昭和43年10月)の中に山田風太郎の「大魔力」という文章が掲載されています。
その冒頭にこうあります。

十年ほど前、忍法小説の第一篇「甲賀忍法帖」を書くとき、「忍法帖」としようか「忍術帖」としようか、迷った記憶がある。
忍法という用語が定着していなかったからだが、しかし僕がそれを発明したという覚えもない。定着していなかったにしろ、どこかにこの言葉はあったのである。
いったいそれが何に由来したか、長い間僕はくびをひねっていた。それが最近「神州天馬侠」の中に「忍法試合」という言葉が出ているのを知るに及んで、やっと多年の疑問が氷解した。むろん、完全に忘れていたが、ほかに覚えのない以上、その淵源はここにあったと推定するよりほかはない。

以下、子供の時に「神州天馬侠」を古雑誌で途切れ途切れに読み、長じてから単行本になったものを読んだ話になり、そこから吉川文学の魅力について書いています。
これが山田風太郎の認識であったわけです。

Wikiの「忍法」の項目にも、このことは示唆されていますが、出典は示されていませんので、こうして触れておくことにも価値はあるでしょう。

ということで、話が戻りました。

そして、私という人間の雑なところが露呈してしまったというところで、この話題はここまでにします。

|

« 忍者と麻の実(3) | トップページ | 草思堂の花々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 忍者と麻の実(3) | トップページ | 草思堂の花々 »