« 第三回草思堂落語会を開催します | トップページ | 地震をめぐって »

2011年3月 8日 (火)

平成23年度吉川英治賞が決まりました

既に報道発表されていますが、本年度の吉川英治賞各賞が以下のように決まりました。

◎第45回吉川英治文学賞

森村誠一 『悪道』(2010年8月 講談社刊)

◎第32回吉川英治文学新人賞

辻村深月 『ツナグ』(2010年10月 新潮社刊)【「辻」は正しくはしんにょうの点が二つ】

◎第45回吉川英治文化賞

宇梶静江(「古布絵」の創作や絵本の出版を通し、失われ行くアイヌ文化の伝承に努めるほか、海外との文化交流にも尽力。)

木村若友(長年にわたり、浪曲師として活躍し、後進の指導と日本の伝統文化の継承に務める。)

具志堅隆松(沖縄において、開発・市街化が進み、時間との戦いの中で、遺骨収集を市民とともに続けている。)

斎藤晶(山地牧場で自然に順応した「蹄耕法」による大地に根ざした酪農を実践。また、広く市民に開放し交流の場として提供。)

笹本恒子(長年にわたり、女性報道写真家として“時代”を撮り続け、多くの貴重な作品を発表し、現在も精力的に活躍を続ける。)

皆さん、おめでとうございます。


なお、当館では毎年「吉川英治賞受賞作家を囲むひととき」というイベントを秋に開催しておりますが、今年は文学賞受賞の森村誠一さんを講師にお迎えする予定です。
詳細や応募方法は夏頃に発表いたしますので、しばらくお待ち下さい。
お楽しみに。

|

« 第三回草思堂落語会を開催します | トップページ | 地震をめぐって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第三回草思堂落語会を開催します | トップページ | 地震をめぐって »