« 臨時休館を延長します | トップページ | 明日は開館します »

2011年3月19日 (土)

地震の後(4)

3月18日
当面の臨時休館はこの日まで。
しかし、出勤してネットで東京電力のサイトを見ると、この3連休も計画停電は実施される予定が入っている。巷では連休中の計画停電は回避されるという噂もあったのだが、そうはならなかったようだ。
予定表を見ると、青梅を含む第3グループの計画停電の時間帯が、19日には9:20~13:00になっている。やはり開館時間中に停電があるのは好ましくない。それにここ数日の流れでは、計画停電中には青梅線も止まる。これでは開館するのは難しい。やむなく臨時休館の継続を決める。
ちなみに、青梅線の運行状況というのは、なかなかややこしい。青梅線は立川―奥多摩間を走っているが、現在の運行は立川―拝島、拝島―河辺、河辺―青梅、青梅―奥多摩の4区間で対応が異なる。JR八高線・JR五日市線・西武拝島線が集まるターミナルである拝島が重要視されるのは仕方がないが、青梅の住民からすると、拝島など青梅線のまだ入り口に過ぎない。特に、私の立場からすると、青梅までコンスタントに電車が来てくれれば、後は都営バスに乗り換えて、吉野梅郷や当館に来ることは容易いので、青梅までは運行して欲しい。それが河辺までになってしまうのは、河辺と青梅の中間にある東青梅から奥多摩までが単線になってしまうからだろう。
ならば、都営バスが河辺始発で吉野(当館の前を通る路線の終点)まで運行してくれればいいのだが、その路線は今はない。昔はあったが、廃止された。
踏んだり蹴ったりだ。
さて、この日の停電の予定時間は12:20~16:00。昨日に引き続き普段の開館時間に重なる時間帯だ。
前日同様、出勤していても何もできなくなるので、今度は庭の掃除とペンキ塗り。
ミュージアムショップの入り口に段差があるのだが、それに気付かずにつまずく人が多いので、以前、段差の端に白いペンキを塗って目立つようにしたのだが、そのペンキが剥げ落ちてしまったので、塗り直した。
実際の停電は12:30頃から15:20くらいで、およそ3時間弱。
停電が明けてから、職員に臨時休館の継続を伝える。職員は全て青梅市内在住なので、停電中に電話をして慌てさせてはいけないので。
必要な連絡を済ませて、通常の定時に帰宅する。
帰宅途上、青梅市の防災無線から「東京電力からのお知らせ」として、計画停電の実施を伝える放送が流れる。
やはり臨時休館にしてよかったと思いながら帰宅。
夕食後ぼんやりとテレビを見ていると、「19日の計画停電は実施されません」というテロップが流れ、愕然とする。
平日に比べ週末は電力需要が落ちることは、地震の前からわかっていることのはず。18日の需給状況を見てからでないと停電を実施するか否か決められないという性格のものではないはずだ。それなのになぜ夜になってから発表するのか、理解できない。
その後、JR東日本も、青梅線を全線運行(本数は減るが)することを発表。
いまさらそんなことを発表されても。
職員の数も少ないし、開館の準備など高の知れたことなので、今から連絡して開館することもできるが、計画停電はやると言ってやらなかったり、グループ外の所が停電したりと、何が起こるかわからないので、諦めて1日様子を見ることにする。

|

« 臨時休館を延長します | トップページ | 明日は開館します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 臨時休館を延長します | トップページ | 明日は開館します »