« 吉川英治が写した中国 | トップページ | 吉川英治が撮影した中国(2) »

2011年4月30日 (土)

吉川英治が撮影した中国(1)

昨日触れたように、企画展「『三国志』の原点を見る――吉川英治が写した中国」を開催中です。

当館で所蔵する写真を点検中に、吉川英治が写っていない、しかし昭和13年に行なわれた「ペン部隊」の従軍の際に中国で撮影されたと考えられる写真が大量に存在することに気がつきました。

吉川英治が写っていないのならば、もしかすると吉川英治が撮影したものではないかと考え、調べたところ、当時雑誌に掲載された記事の中に、これらの写真の一部が≪吉川英治先生撮影≫などとして紹介されていることがわかりました。
このことから推して、全てが吉川英治自身の撮影によるものと確定はできなくとも、この一連の写真の中に吉川英治が撮影したものが含まれていることは間違いないと判断しました。また、よしんば吉川英治が撮影したものではなくとも、その場に吉川英治もいて、そこに写っているものを目にしたことは確かだと思われます。

そこで、これらの写真をパネルにして展示し、「ペン部隊」参加中の吉川英治が、中国において何に眼を向け、写真に残したのかを見てみたいと、この展覧会を企画しました。
それを知ることで、吉川英治が「三国志」の中に込めようとした思いが、小説とは違う形で伝わってくるのではないかと考えています。

ちなみに、吉川英治の長男である当館館長の吉川英明は、当初、「父が写真を撮ったとは考えられない」と言っていました。
「ラジオすら自分では選局しなかったほどの機械オンチだったのに、オートフォーカスではない上に露出まで調節しなければいけなかった当時のカメラを扱えたとは思えない」と言うのがその理由です。
しかし、服装から吉川英治と判断できる人物が写真を撮っている写真がこれらと一緒に見つかり、それを見て「父も写真を撮っていたんだなぁ」と納得し、感慨深げでした。

ちなみにこれがその写真です。

84


|

« 吉川英治が写した中国 | トップページ | 吉川英治が撮影した中国(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉川英治が写した中国 | トップページ | 吉川英治が撮影した中国(2) »