« 詐欺 | トップページ | 第四回文学散歩を行ないます »

2011年8月25日 (木)

言葉のビタミン

毎日新聞夕刊に「童門冬二の言葉のビタミン!」という連載があります。
昨日の夕刊に掲載された同連載で吉川英治の「朝の来ない夜はないのだから」という言葉が取り上げられています。

「・・・ないのだから」にちょっと引っかかるものを感じつつ読み始めると、冒頭に

「よし今度も立派に乗り越えて見せるぞ。朝の来ない夜はないのだから」。

とあります。
あれ、これは私が以前ここここで取り上げたものと同じ表現だが、と思いながら読み進めると、

冒頭の言葉は同書中の武蔵の独白。

と書かれています(注:文中の同書とは「宮本武蔵」のこと)。

まさか!
「宮本武蔵」に書かれているものを私は見落としていたのでしょうか?
だとしたら、上記のリンク先のような文章を書いた私は、いい恥さらしです。

慌てて確認してみました。

こういう時は電子文庫版が手っ取り早いと、電子文庫版の「宮本武蔵」を立ち上げ、検索をかけてみました。

「朝の」とか「来ない」とか、いろんなパターンで5~6回繰り返し検索してみましたが、ひっかかりません。

どうやら童門さんのご記憶違いで、私の記憶の方が正しかったようです。

吉川英治の座右銘というと『我以外皆我師』と『朝の来ない夜はない』が双璧ですが、吉川英治=「宮本武蔵」というイメージが強いのか、これらが「宮本武蔵」の中に出てくる言葉だと思い込んでいる方が多いようです。

実際には『我以外皆我師』が、そのままのフレーズで登場するのは「新書太閤記」であり、『朝の来ない夜はない』は「新・平家物語」と「私本太平記」なのですが。

|

« 詐欺 | トップページ | 第四回文学散歩を行ないます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 詐欺 | トップページ | 第四回文学散歩を行ないます »